イノベーションの風に吹かれて

Katsushi Yamashita, IBM Distinguished Engineer, Member of TEC-J - IBM Academy of Technology

「仕事や知識を得たりする上でどうやって時間を使っていますか?」

中央大学実積先生の研究室での特別講義後、時間の使い方について小泉勇太さんに質問された時、ちゃんとお答えできていなかったのでここに書いてみます。
 時間をどのように使うか考えるときに、時間における仕事率を考えます。時間仕事率は仕事の量を時間で割った効率であると定義します。例えば普通の人月単価の仕事があるとして、どうしたら二桁違う成果を得られるのかと考えてみます。人間はどうやってもひと時に10個の仕事をしたり、一つの仕事を10倍早くすることはできません。仕事の量が同じなら時間を短くするしかありませんが、人間である以上時間は早くも遅くもできない上に、みんなに等しく常に足りないくらいしかありません。ならば一つの時間で得られる結果が複数ある方がよいという考え方はどうでしょうか。それを時間レバレッジといいましょう。ある一つの仕事をした時に、その仕事の成果が同じようなシーンで使えたらどうでしょうか?それがチームの資産とになって10人で使えたりしたらどうでしょうか?そういう仕事には通常の仕事の倍以上の時間を使っても10倍以上に帰ってきます。さらに普遍的な法則を見つけることは、より広くレバレッジが効いてきますので、普遍的な方法論やSREとかLEANのような先行するベストプラクティスを研究することは広く仕事の質を向上させるし、インフルエンシングする価値もあるのでより多くの時間を費やしても時間の価値が損なわれません。90年代はじめの頃トランザクション処理の仕事でサンプルのソースコードを引っ張ってきて直すところを直して納品するのも良かったのでしょう。しかしその時先輩のコードに疑問を持ち、トランザクション処理の原則やデータベース設計、その集合論的基礎などを学んでおくと、ブロックチェーンのような全く新しいトランザクションシステムが出てきた時にその古い知識が役立ちます。このように対象ドメインが広い領域でレバレッジを考えると、それは長期的な基礎知識になります。工学的、科学的事実の探求は仕事の成果に対してより汎用的な基礎を成してくれます。また、学問分野を問わずリベラルアーツの世界は究極の汎用知識を与えてくれます。こうした汎用知識は仕事率だけではなく自分の存在にも大きな影響を与えてくれるので、人生の大半の時間を使ってもその価値が損なわれることはありません。
 こういうことは個人ごとに違う考え方があり、直接的な効果を考えて優先度を考えるというアプローチもあるでしょう。それもいいです。私はチームやコミュニティにレバレッジできるアプローチが好きなのです。
 

When I think about how to use time, think about the work efficienfy in time. Time work efficiency is defined as the work divided by time. For example, supposing that there is a regular monthly hourly priced work, how can I get two digit more results than the regular work? No one can perform 10 times jobs at a same time or work 10 times faster than a regular job anyway. If the result of work done is the same, we only have to shorten the time, but we can not make time goes be earlier or late as long as we are human beings, and it is equally consistent for everyone. Then, how about the idea that it is better to have more than one result obtained in one process? I call It as "leveraging a time".

What if I could use the result of the work in the same scene when I did a job? How about using it as a team's asset and using it by 10 person? Even if I spend more time than normal work on such work I will get return more than 10 times. Finding more universal theories will be more widely leveraged, so researching universal methodology and leading practices such as SRE or LEAN will broadly improve the quality of work and influence. It is also worth doing so spending more time will not spoil the value of time.

In the early 1990's, it was good approach to fix the sample source code of the existing transaction processing. However, at that time having questionier to given code, learning the principles of transaction processing, database design, theory of set foundation etc, these old knowledge are useful when a completely new transaction system like block chain comes out . In this way, considering leverage in a wide domain of target, it becomes long-term fundamental knowledge. Exploration of engineering and scientific facts forms a more generic foundation for work results. Also, regardless of discipline, the world of liberal arts gives us the ultimate general knowledge. Such generic knowledge gives great influence not only to the work rate but also to our existence so that even if I spend most of the time of life the value will not be compromised.

There is a way of thinking differently for each individuals, and there are approaches to consider priority on the basis of direct effects. That is also nice. I like approaches that help teams and communities.